wish

美容室で働く人から就職先を探す求人メディア サロン百景

働く人 and サロンを探す

Interview インタビュー

Instagram インスタグラム

Column コラム

  • サロンで働くために美容師の求人サイトを利用

    美容師として働いていると、思わぬ不満を抱えてしまうこともあります。

    例えば、仕事内容の割に給料が低かったり、休みがなかなか取れなかったり、人間関係で悩んでしまったり、といった内容で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

    美容業界は技術を身につけるまでに苦労しがちなイメージですが、やはり働く人の環境は大事なものです。 あまり悩みを自分で抱え込んでしまっても大変辛いものなので、美容師の求人サイトで求人を検索してみる、という方法もあります。 専門求人サイトでは美容師の案件に特化してあるため、余計な情報に惑わされることなく、希望の案件を探しやすい、というメリットがあるのです。

    全国各地にある美容院やサロンの中から条件に合わせて検索をすることで、希望のものが見つかる可能性もあります。 中には専属のコーディネーターに相談しながら決めることのできるサイトもあるので、まずは登録をしてみて実際に利用してみてはいかがでしょうか。 よい案件が見つかるまで今の職場で頑張るにしても、転職の情報をチェックすることはとても大切だといえます。

    さまざまな条件を見比べてみて、あなたらしく働けるサロンや美容室を見つけてみましょう。

  • 美容師になりたいならアシスタントの求人に応募しよう

    最先端の流行ファッションや髪型に興味がある方は、お洒落な恰好をして働きたい方が多いです。 飲食店などの場所では髪型やカラーリングに決まりがありますが、美容師のお仕事なら自分の個性を生かして働けます。

    美容師になる為には、まず免許を取得する必要があります。 専門学校で美容師の免許を取得出来ます。 そして、求人に応募して美容院で働けることになったとしても、まずはアシスタントから始めなければなりません。 アシスタントの仕事は、主に店内の清掃やお客様の案内、シャンプー台での洗髪です。

    プロになる為には、まず一から始めなければなりません。 シャンプーを1日中していることもありますが、そこで色々な髪質の人がいることを確認出来ます。 アシスタントとして慣れてきたら、お客様の髪をカットすることも出来ます。

    髪型を変化させると明るくなれる方がとても多いです。 カットされてブローされた髪を見て、素敵に変化した自分に嬉しくなれます。 幸せな気持ちになって帰られる方が多いので、きっと自分も嬉しくなれるはずです。

    ヘアサロンで働きたいと思う方は、ハローワークも行ってみましょう。 また応募する前に、一度見学で来店してみてはいかがでしょうか。

  • 美容師に転職したいなら求人を探そう

    今働いているサロンから転職したいと考える人も多いです。 給料の違いやシフト制について、もっと自分の希望に合う仕事がしたいと考えることもあります。 また、人間関係があまり良くないと感じている場合には、転職を考えた方が良いかもしれません。

    美容師の悩みとして、給料が自分に合うものではなかったり、お昼ご飯も食べられないということが挙げられます。 色々な不満があるかもしれませんが、美容師の免許があるなら同じ職種で働かないと損です。

    誰でも取得している資格ではないので、生かした仕事をしましょう。 求人を探す時には、知人からの紹介やお店の張り紙を見ることも重要です。

    知り合いがいなければ、ハローワークや求人誌を見ることも一つの方法になります。 人間関係は入社してみなければわからないですが、給料やボーナスのことについては求人誌を見ればわかります。 お客様からの評判の良かったり、人気の美容師が多数在籍しているお店なら、今後ますます伸びていく可能性の高いサロンなのではないでしょうか。 また、独立のことも考えて自分の為になりそうな美容院を選ぶことが大事です。

    お客様として来店してみて、どう感じるのか考えてみることも良い美容院を選ぶ方法となります。 いまは多くのサロンが人手不足で悩んでおり、求職者のほうが選択肢が多すぎて悩むと聞きます。何気ないお客を装って、対応の良い場所を探しては。